コラム

舞踊家&踊りの先生をしています坂東以津緒による直筆コラムです。
(不定期更新です。申しわけございません)

令和二年 スタート!2020年01月27日

穏やかなお正月もあっという間にすぎ、すでに新年の賑わいもとおくなりつつあるこの頃、それでも私にとって一月はまだまだスペシャルな月です。   皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 (言い訳がましい注釈付きのご挨拶となってしまいすみません。)   私のお正月のスタートは元日の朝家元のお宅にお年 ... 
>>> 続きを読む

邦舞祭の季節となりました!2019年11月02日

11月、今年もまた「神奈川県名流邦舞祭」の季節がやってきました。 今回は五十五回という記念の会でもあり 常磐津「若木の曽我」の上下となる「釣狐の対面」と「三人生酔」、元禄絵巻を思わせる「水仙丹前」、若手群舞による「春秋」の四番組を企画作品といたしました。また「むかしを今に」と題し、いままで上演した支部の作品の映像による ... 
>>> 続きを読む

子供たちと一緒に地域の集いに参加しました!2019年03月11日

子供たちと一緒に地域の集いに参加しました! 本日、稽古場の小学生と幼児を引き連れ、地域の一人暮らしをされている年配の方の集まりに参加。子供たちプラス2名の若者の踊りでボランティアをしてきました。   最近の小学生はスケジュールがいっぱいですが、招集をかけたらみんな都合をつけてくれました。20分ほどの時間だった ... 
>>> 続きを読む

爽やかな秋 兎を踊ります2018年10月25日

すっかりご無沙汰です。(いつものことか…)   今年は5月にわが稽古場にとっては大イベントである「まゆの会」があったにもかかわらず、写真のみのアップですっかり筆無精になってしまいました。というのも(言い訳ですが)私の不注意で会のお稽古が佳境の今年初め、ちょっとした足の怪我をしてしまい、人生初の松葉杖という経験 ... 
>>> 続きを読む

長唄「楠公」を踊ります2017年04月12日

今年は満開の桜を青空の下で愛でることなく、雨のお花見となりました。 少し残念な気もしますが、雨降りに咲く桜の色も一興。そしてこの時期の雨もまた菜種梅雨などと風雅な呼び方をする日本文化、とても素敵だと思います。   さて このたびは四月二十二日(土)国立劇場大劇場《扇の会》で長唄「楠公」を踊ります。   ... 
>>> 続きを読む
▲ページTOP